今日は専門学校時代から長く仲良くしている友人と久し振りに会ってお茶をしてきました。
今はその友人も私も結婚をしていまして、お互いに子どももいます。
ましてや卒業した専門学校は保育士養成所でして、お互い保育士として日々頑張っているため話の内容が物凄く意気投合するので話していて楽しいです。
なので会話の内容はかなり自分の子どもの育児や成長などに関することだったり、保育園の園児や職員とどう付き合っているかなど、そんな話が多かったです。
意外と専門学校卒業後というのはそれぞれが忙しくなってしまい、滅多なことがなければ連絡を取らなくなってしまう友人や仲間が多く、ここまで長く親身に付き合っていける友人はいなかったりしますので、貴重な存在でもあるのです。
お互いの職場に対しての心境を話し合ったり、育児の価値観を教え合うことで、自然と自分の励みになると言いますか、背中を押してくれるような感じがします。

あ、結婚生活のお話もしましたが、基本的には「子どもが居ると結婚生活も子どもが主役みたいになるよね」と、同じような意見でした。
(笑)帰り際には「お互いにこれからも頑張って、次回も会えることを楽しみにしながら前向きに行こう」なんて言って別々の電車に乗り帰りました。
まぁ、今思うのは「友人は一生の宝だな」という感じです。
(笑)そんな感じで、専門学校から仲の良い友人と貴重な楽しい時間を過ごせたお話でした。
以上です。